『 祭りから祭りへ 』 Vol.14

2017年06月某日ベストシーズンになり、市民も国内外からの観光客もすっかりくつろいでいる大通公園。先週、YOSAKOIソーラン祭りが終わったばかりなのに、今週は、北海道神宮大祭。どちらの祭りも市民や観光客にとってウキウキする楽しいイベントだが、YOSAKOIは、「 フェスティバル 」で北海道神宮祭りは、歴史ある「 神事 」。これは、比較できるものではなく、どちらも大事。YOSAKOIは、ますます国際化し、...

続きを読む

『 GINZA SIX カニ歩き 』 Vol.13

2017年04月20日話題の GINZA SIX (ギンザシックス) に行ってきた。地下鉄銀座駅を出たところから、東京ドームのナイター終了後のようなおびただしい人の行列が続く。人ごみをかき分け、ようやく入店。巨大な吹き抜けに異様な(失礼)物体が多数ぶらさがっている。草間彌生先生作の 『 水玉柄カボチャ 』という芸術作品です。この巨大な商業施設は、従来のデパートやショッピングモールと一線を画した「ラグジュアリーモール」(...

続きを読む

『 ドバイ危機 その3 』 Vol.12

2017年03月某日以前、テーマパークの企画に携わった事があり、どのようなアトラクションを導入するかを検討するために、私も含めたプロジェクトチームのメンバーで、フロリダのデイズニーワールドやユニバーサルスタジオなど、全米のテーマパークを視察体験する機会があった。しかし、閉所恐怖症で高所恐怖症の私は、メンバーが最新のジェットコースターを体験している時に、いつも全員の荷物番をしながらベンチで待っていたつらい...

続きを読む

『 ドバイ危機 その2 』 Vol.11

2017年03月某日ドバイファウンテンでの噴水ショーを間近に見られるイタリアンレストランで参加会員7名での結団式も無事終わり、明日からのハードな視察に備えて、二次会にも行かず、シロヒゲ教授、ジュンちゃん(還暦のオジサンです)とタクシーでホテルに戻ることにする。若い運転手君は、愛想が良く、ヒマラヤの人口5000人の小さな村から出稼ぎに来ている事、山の上の自分の家に比べてドバイの何と暑い事、いつか日本に行ってみ...

続きを読む

『 ドバイ危機 その1 』 Vol.10

2017年03月某日私が代表を務める「まちづくりNPO TOMネット」の19回目の海外視察団で、ドバイに行ってきた。12時間以上のフライトを経てドバイ空港に無事到着、ホテルに荷物を置き、とりあえずゴールドスーク(金製品の専門店街)裏のディープな食堂で昼食をとる事にした。満員の店内は、すべて地元の人たちで、骨付きチキンやマトンをカレー味で煮込んだものをライスの上にかけて、右手でこねながら食べている。ビールを飲...

続きを読む

『 登別の中心市街地再生物語 』 Vol.09

2016年11月某日20年以上前にお手伝いした登別市の市街地再開発事業。空き店舗が増えて、このままではスラム化してしまうと、商店街からの依頼を受けて、「 商店街に屋根をかけよう 」というコンセプトの下、5年以上かかってオープンした「 アーニス 」という名前のショッピングセンター。壮瞥町に用事があったので、寄ってみました。久々に大きく育った我が子に会ったようで、しみじみ・・・・この再開発を中心になって推進した理...

続きを読む

『 ルーツを訪ねて 』 Vol.08

2016年9月某日私の祖父が、石川県鳥越村(現白山市)から年老いた両親(曾祖父母)を連れて北海道十勝地方(現芽室町)に入植したのは明治の初めです。「北の零年」という吉永小百合主演の映画がありましたが、厳寒の北海道の開拓は、それは過酷なものだったと聞いています。福井の再開発の仕事の合間にレンタカーで鳥越村を訪ねてみました。こんな山の中に、鳥越城 という一向一揆の拠点跡があります。私の先祖も一揆に参加...

続きを読む

『 よさこいソーラン祭り 』 Vol.07

2016年6月某日街歩きに「祭り」は付き物と言われているので( 私が勝手に言っています! )今年の よさこいソーラン祭り を歩いてみました。まずは、「正しい祭りへの参加の仕方」として、酒の調達が大事と、大通公園の会場を見回すと、6丁目あたりに、飲食コーナーがあり、様々なツマミと共に、あらゆるアルコールを売っています。その周辺の椅子テーブルで飲むのなら、文句なく生ビールとなりますが、こちらは、全国か...

続きを読む

『 枝垂桜・福井 』 Vol.06

2016年5月某日花見のシーズンも終わってしまいました。私が代表をしている「 まちづくりNPO TOMネット 」の集まりが全国各地であるので、毎年花見のシーズン前後に、北海道から九州まで移動する事になります。東京では、四谷の桜の満開に合わせてNPO会員が集まり、交流会と称して花見をやりましたが、その直後に大阪に行くともう散っていたり、北海道に渡ると、まだ蕾にもなっていなかったりと巡り合わせが面白く、ワク...

続きを読む

『 マカオ視察 』 Vol.05

2016年2月某日さっぽろ雪まつり会場に、マカオの世界遺産、『 聖ポール寺院 』が出現した。以前、本物を見たことがあるが、この雪像も見事な出来栄え!という事で、再度本物を見がてら、日本でもできそうな、カジノリゾート開発を視察しようと、まちづくりNPO TOMネット会員で視察団を組織し、直ちに香港に向けて飛び立った。聖ポール寺院は、正面から見ると立派な建物だが、全面の壁だけ残したものなので、横から見ると薄っぺらく...

続きを読む

『 大塚国際美術館 』 Vol.04

2016年2月某日「街ツカイ」といえば、美術館巡りもいいですね。徳島県鳴門市に用事があり、徳島駅前でレンタカーを借り約1時間、ナビを頼りに何とかたどり着き、野暮用を片付けたところで、この街には「 大塚国際美術館 」があることを思い出し、再びナビ頼みで無事到着。山を削って造った壮大な美術館の入り口は、構造上地下5階。長いエスカレーターで地下3階まで登り入場したところに、巨大な壁画や天井画が貼り廻らされた大聖堂...

続きを読む

『 ミュンヘン・クリスマス市 』 Vol.03

2015年12月某日クリスマスが近づき、寒さが厳しくなってきた札幌市の大通公園で「 ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 」 というイベントが開かれると聞き、「街ツカイ」 修行中の身としては今すぐ体験しなければと駆けつける。ミュンヘンは札幌市と姉妹都市で、このイベントも恒例となっているらしい。以前、ミュンヘンに行った時には、連日ソーセージとアイスバインをつまみにビールを飲み続け、和食が恋しくなった頃に、たま...

続きを読む

『 正しい税務申告 』 Vol.02

2015年12月某日街づくりの打ち合わせのために秋田県某市役所を訪問した。まだ新しい庁舎の1階には、大きな吹き抜けのロビーが広がっている。市のご担当に伺うと、このロビーは市民に開放されており、様々なイベントが開催されたり、空いている時は、地元の小中学生が勉強の場として使っているらしい。そういえば、秋田県は学力が全国トップクラスだが、この市のように放課後の勉強の場として公共施設を開放している事も関係してい...

続きを読む

『 街のツカイカタ 』オープン! Vol.01

2015年12月某日街のツカイカタをオープンした。街のツカイカタを発信するには、自ら街の多彩なツカイカタをマスターしなければと、TOMネット北海道会会長をお願いしている「 シロヒゲ教授 」(以前は北海の暴れん坊教授と言われていた)と札幌の夕暮れの街に繰り出す。札幌は、すでに冬の入り口に差し掛かっており、まずは燃料補給をと、以前から目を付けていた感じの良い居酒屋の引き戸を開けるが、「5時半開店です」と締め出さ...

続きを読む